環境汚染で返ってくる影響は?エコ活動と節約の経済活動【家庭でできるアイデア集】


それは同時にエネルギーだけではなく、お金の節約という意味での経済活動に役立てることもできます。


収入が増えても支出が多ければ手元に残るお金が少ないように、便利になりすぎて物に溢れている現在では、バランスを考えて削れる無駄なところはたくさんあると思います。

私達は近頃起きている自然災害や自然環境が今までとは違ってきている危険の兆候が見えてきていることです。


例えば、温暖化気候・台風・洪水・地盤沈下・地下空洞による陥没穴の出現などの頻度、海水域の上昇、新種ウイルスの出現、海中の酸素不足、山で食べ物が少なくなり人間の生活区域に食べ物を求めて降りてくる野生動物やバッタの姿など。人間の食糧不足にも関わってくるような状況が差し迫ろうとしていて、必ずしも地球温暖化が原因というわけではないという意見もあるのかもしれませんが、これらの変化に怖さや気づきを得ることができるなら、自分が少しだけでもできる取り組みを考えてみましょう。


今までやってきたことは結局私たちにもかえってきています。今はまだ遅らせることができる段階だから取り返しができる余裕があるのだと思いますが、人間の我慢の限界と同じように地球が我慢の限界がきて、もしそれがいきなり消えてしまった時は、反論の余裕もなく地球にいる全ての者が消えてしまうのではないのでしょうか?

これはいくところまで行ったときの話ではありますが、実際に壊れてしまった後には取り返しが付かないことに対して、考え直す時期に来ているのかもしれません。


そこで、個人ができる現実的で具体的な方法というのを少しまとめてみました。



💛家庭でできる海洋汚染対策💛

環境庁の調査によると、東京湾の汚濁原因の割合は生活排水が70パーセント(内訳:台所40/風呂21/洗濯9)となっており台所からの排水が大きな原因となっています。下水道が整備されていないところでは、そのまま川や海に生活排水が流れ出ることがありますので、この情報を参考に水の使い方について場所別に分けて考えます。


海洋ごみは持ち帰る

釣り道具や海岸でのポイ捨てするゴミや石油などが原因でウミガメ・海鳥・鯨やイルカなど海洋生物の減少が起きています。普段からマイバックは持っておきレジ袋はもらわないようにする。水筒・箸・スプーン・フォーク・歯ブラシなどは1度きりの使い捨てを使わないでもいいように自分専用を持つようにするとゴミが減ります


ポイ捨てしたビニールなどのプラスチック(ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、発泡ポリスチレン(PS))などは原油からつくられています。波や砂にもまれ、強い紫外線にさらされます。自然分解されずにいつまでも小さなゴミとして蔓延していきます。



台所での生活排水対策

油は排水口で流さないように使いきるように少ない量での利用を心がけ、洗う前に不要な紙などでふき取ります。米のとぎ汁は、再利用。米のとぎ汁に含まれる白濁したものの正体は、玄米の表面(糠層や胚芽)を削って精米すると発生する粉である「糠(ヌカ)」ですが、自然の食べ物であるにも関わらず意外なことに、米のとぎ汁も環境汚染の原因になっているようです。理由は栄養過多になった家庭排水が海に流れるとプランクトンが大量に発生して酸素を沢山消費するので海水の酸素が欠乏して魚介類が窒息死るような環境をつくってしまいます。私たちの世界でコロナウイルスが流行して酸素が不足しているように海の中でも酸素不足が起きているようです。


各家庭から米のとぎ汁を回収することは難しいのですが、無洗米の工場などからはバイオ燃料に再利用するために一括回収する取り組みが始まっているようです。米ぬかも丸ごと玄米を食べる様にするのもいいかもしれません。 糠は玄米の9割以上の栄養素を含んでおり、体の毒素の排出をすすめるフィチン酸、糖質を燃やしてエネルギーに変えるときに必要なビタミンB1、コラーゲンの合成に必要なビタミンC、抗酸化力を持つビタミンE、セラミド、乳酸菌、コレステロールの吸収を妨げるγ-オリザノール、抗酸化作用があるフェルラ酸、整腸や老廃物排出を助ける食物繊維、生活習慣病の予防や排尿障害の改善に効果が期待される植物ステロールやイノシトールなどが含まれていますので、1回目に洗った濃い米とぎ汁は、捨てるのがもったいないと思いませんか? 苦味やえぐみを抑えて食材本来の甘味を引き立てるので、アクがあるタケノコや大根などの野菜をゆでる時に使用したり、味噌汁にしたり、スムージーに混ぜたり、お菓子作りをする時に入れたり、美肌成分や程よい油分も含まれるため洗顔や体洗い、食器の油汚れや床掃除、いろいろ再利用できます。 窒素・リン酸が多いので、花や実のなる植物への水やりにも利用することができます。 それから、排水溝には水切りネットをつけましょう。食べ物や飲み物は残して捨てることがないようにしましょう。食器の汚れは新聞紙やゴムベラなどを使い、可能な限り排水溝に流さずゴミとして捨てるようにしましょう。油は排水溝に流さないように少量で使うようにします。生ごみは発酵して土の肥料にする促進剤や容器などが市販されているようですので再利用できるようであれば再利用しましょう。

(環境省の生活排水対策)https://www.env.go.jp/water/seikatsu/pdf/all.pdf

カンタムスパシャワーを水道管に巻いて皿を水で洗うと洗剤量を少なく調整できます。


お風呂での生活排水対策

もちろん人間のリラックスも大切なのですが、可能な時は湯舟にはできるだけ何も入れないか、バスソルトやドライハーブなどを湯舟で揉み揉みするような天然の入浴剤を選ぶなど、これが海に流れても魚が生きていけるかどうかを考えることができる余裕がある時は考えてみましょう。温かいうちに家族がお風呂にまとめて入ることができると再度沸かす必要がなくなるので水代・電気代とそれらに利用されるエネルギーを節約することができます。シャンプーする時は、お湯で汚れを落としてから洗うと少量でも洗いやすくなります。


ビーズ状のマイクロプラスチックという5mm以下で目に見えないほどのプラスチック粒子がボディソープ、歯磨き粉、洗顔料、クレンジング、その他の化粧品などにスクラブなどとして利用されていることがあり、商品成分表ではポリエチレン末、ポリエチレン、ポリエチレンビーズ、コポリマーなどの表記などで含まれていることがあるので確認します。現在ではこれらが目に見えないゴミとして広がっていることが問題視されており、それに対してセルロースをミクロサイズに加工した「セルロースビーズ」という海洋生分解性があり人体にも影響がない代替品も開発されているようです。代替品使用の会社も増えていますので消費者が購入の際に選ぶ基準というものを持っておくことは企業の意識を高めるためにも重要になってきます。

シャンプー前にカンタムスパシャワー で汚れを落としてシャンプー量を少なく調整


洗濯での生活排水対策

洋服は数回着用してから洗濯する。まとまった量になってから洗濯する。自然素材(麻、リネン、オーガニックコットン)を選ぶようにします。プラスチックは体内消化できなさそうなので問題なさそうにも思えるのですが、何が害になるのかというと、環境ホルモンとい